photo credit: matita2073 2014-06-05 at 13-04-47 via photopin (license)

ブルージュの鐘楼

photo credit: Wolfgang Staudt atmosphere via photopin (license)

photo credit: Wolfgang Staudt atmosphere via photopin (license)

ベルギーの古都ブルージュにある鐘楼は、1999年に「ベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産に登録されました。

ベルギーとフランスの鐘楼群

「ベルギーとフランスの鐘楼群」は、まず1999年にベルギーのフランドル地方とワロン地方にある鐘楼群が世界遺産に登録され、その後、2005年にフランスのノール・パ・ド・カレ地方とピカルディ地方の鐘楼群が追加登録されました。

現在、55棟が世界遺産に登録されており、ベルギーが32棟、フランスが23棟となっています。

ブルージュの鐘楼とは

photo credit: Wolfgang Staudt Belfort via photopin (license)

photo credit: Wolfgang Staudt Belfort via photopin (license)

ブルージュにある「鐘楼」は、町の中心であるマルクト広場にあります。鐘楼は、中世フラマンの人々が「自由と権力のシンボル」として建てられたもので、13世紀から基礎部分の建設が始まり、完成したのは15世紀のことでした。高さ83mを誇る鐘楼には、47個のカリヨン(組み鐘)があり、ヨーロッパでも音色の美しさで有名です。

ブルージュの鐘楼からの眺め

photo credit: Wolfgang Staudt Brugge via photopin (license)

photo credit: Wolfgang Staudt Brugge via photopin (license)

鐘楼には登ることができます。366段の螺旋階段を登りきれば、ブルージュの街並みが一望できます。ブルージュは、街全体が歴史地区として世界遺産に登録されており(ブルージュ歴史地区)、他にも、ペギン会修道院もあり、まさに世界遺産の町と言っても過言ではありません。鐘楼からは、その世界遺産の街並みを見ることができるのです。366段の階段は、思っている以上に体力が必要ですが、登った先の光景は、キツさを通り越すほどの素晴らしいものがあります!

「ブルージュの鐘楼」のデータ

   
国名 ベルギー
世界遺産名ベルギーとフランスの鐘楼群
名称 ブルージュの鐘楼
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す