photo credit: IMG_4777.JPG via photopin (license)

ベエル・シェバ



聖書ゆかりの遺丘群」として世界遺産に登録されているイスラエルのベエル・シェバはメゲブ砂漠の北にあり、古代イスラエルの最南端の町でした。

聖書ゆかりの遺丘、ベエル・シェバ

紀元前12世紀頃からイスラエル人が集落を作って住み始め、町は戦いのため崩壊・と再建を繰り返し15層のテル(遺丘)となっています。

ベエル・シェバは、聖書の創世記に何度か記載があり、アブラハムが作ったとされる井戸があります。町には灌漑施設が作られ、雨水は地下の貯水池に溜めるようになっていました。これは、敵に攻略されても、水が飲めるようにしたものだと考えられています。

また、全ての道が広場に通じるように建設された、計画都市でもありました。要塞として発展した町でしたが、紀元前701年にアッシリアに破壊されました。1990年以降、大規模な復元作業が続けられています。

イスラエルの世界遺産 聖書ゆかりの遺丘群-メギド、ハツォル、ベエル・シェバ

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す