ネオン洗礼堂

ネオン洗礼堂は、1996年イタリアの世界文化遺産として登録された「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の構成資産のひとつです。

ラヴェンナは、イタリア・エミリア・ロマーニャ州にある都市で、古代ローマ時代から中世にかけて繁栄しました。ラヴェンナの初期キリスト教建築物群は、5世紀初頭から6世紀末までに建築されたキリスト教の聖堂と礼拝堂など8つの建造物が対象となっています。

ネオン洗礼堂

photo credit: mararie ale & alfea via photopin (license)

ネオン洗礼堂は、大聖堂付属(正統派)洗礼堂とも呼ばれ、ラヴェンナに残る最も古い建造物のひとつ。司教ウルススと次代の司教ネオンによって、バシリカ・ウルシアーナの付属洗礼堂として建設されました。建設当初は、ローマ人の浴場として使用されたとも伝えられており、その後洗礼堂へと改築されたといわれています。

ネオン洗礼堂の最大の見どころは、ドーム(クーポラ)中央にある美しい青と金のモザイク画。5世紀末のもので、洗礼を受けるキリストが描かれ、キリストを取り囲むように12使徒が描かれています。また、旧約聖書の預言者のレリーフもあります。

ネオン洗礼堂のイエスの洗礼は、同じく「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の構成資産のひとつ「アリアーニ洗礼堂」でも見ることが出来ます。ぜひ、そちらもご覧になって、両者を見比べてみるのも面白いと思います。

「ネオン洗礼堂」のデータ

   
国名 イタリア
世界遺産名ラヴェンナの初期キリスト教建築物群
名称 ネオン洗礼堂
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す