サン・フランチェスコ聖堂



イタリアの世界遺産「アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群」に含まれるサン・フランチェスコ大聖堂は、アッシジに生まれ、死後に聖人に列せられたアッシジのフランチェスコの功績をたたえるために建設されました。

サン・フランチェスコ聖堂の建設

サン・フランチェスコ聖堂|アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群 (2)フランチェスコの亡くなった2年後の1228年に教皇グレゴリウス9世によって建築が始まり、1253年に一応の完成をみました。建築に際してはフランチェスコの弟子であったエリアの働きかけが大きかったといわれており、その後、何度も改修が行われて現在の姿になりました。

アッシジといえばここ!「サン・フランチェスコ聖堂」

聖堂は、町の北西の斜面の上に建ち、斜面を有効に利用するため建物は上下二段に分かれています。上堂部分はゴシック様式、下堂の部分はロマネスク様式と異なっています。

 

サン・フランチェスコ聖堂|アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群 (1)聖堂にはジョット、チマーブエ、マルティーニ、ロレンツェッティなどの手になるフレスコ画が多数描かれています。上堂内部には、ジョットによるフランチェスコの生涯の28の場面を描いた壁画『聖人フランチェスコの生涯』が、下堂にはチマーブエの『玉座の聖母と4人の天使と聖フランチェスコ』があります。

イタリアの世界遺産 アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す