アゼ・ル・リドー城

ロワール渓谷の数ある古城の中でも、最も美しく、高い人気を誇っているのがアゼ・ル・リドー城です。

アゼ・ル・リドー城とは

アゼ・ル・リドー城|シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間の ロワール渓谷ロワール川の支流アンドル川のほとりに建つアゼ・ル・リドー城は、城館としては小さいながらも、フランス・ルネッサンス様式を持つ美しい城です。水面に映る美しい佇まいから、フランスを代表する文豪バルザックは「アンドル川のダイヤモンド(ロワールの真珠という説もあります)」と称賛しています。

アゼ・ル・リドー城の建設が始まったのは16世紀初頭といわれています。フランソワ1世の財務官を務めていたジル・ベルトゥロによって建てられました。しかし、親族の公金横領が発覚し共犯を疑われたベルトルは失踪し、城は押収されてしまいます。その後、城は様々な人の手を転々とした跡、やがて放棄されてしまいます。

現在の姿となったのは、19世紀に入ってからのことです。フランス革命時に城を買収したシャルル・ドゥ・ビアンクール侯爵の手によって改修工事が行われ、イギリス式庭園が加えられ、アゼ・ル・リドー城は生まれ変わりました。

アゼ・ル・リドー城内部

アゼ・ル・リドー城は、1905年から国の所有となり、博物館として公開されています。16世紀初頭の家具やタペストリー、王や王妃の肖像画、フランソワ1世の紋章のある暖炉などが展示されており見どころが満載となっています。

「アゼ・ル・リドー城」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 フランス
世界遺産名シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
名称 アゼ・ル・リドー城
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。