photo credit: Lake Pukaki via photopin (license)

アオラキ/マウント・クック国立公園

アオラキ/マウント・クック国立公園は、ニュージーランドの南島のサザンアルプスの中にある総面積700k㎡を超える国立公園。「アオラキ」とはマオリ語で「雲を突き抜ける山」を意味し、ニュージーランド最高峰のマウント・クック(標高3754m)を含む標高3000mを超える19のピークと多くの氷河によって形成されています。

不安定な気象で、1年間の内約150日が雨。勇姿を見られるのは運次第で、晴れ渡った日に白く聳える山頂は感動的です。

「アオラキ」という名前はある伝説からついたといわれています。

「アオラキ」という神様の息子が3人の兄弟とカヌーで海を渡っている時に岩礁に乗り上げ転覆し石になってしまいました。その時、カヌーは南島に兄弟はサザンアルプスの山々になったという伝説です。

1990年に世界遺産に登録された「テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド」の、4つの国立公園から成る構成要素の一つです。

ダイナミックなアルプスの魅力が広がる公園

マウント・クックと取り巻く山々は南半球のアルプスと呼ばれています。サザンアルプスの山々はどれも美しいですが、特に青空や夕暮れのころの山頂の万年雪は言葉を失うほど絶景です。山裾に咲くルピナスとのコントラストは絶対に一度は見たい景色です。

 

公園内のほとんどが森林限界より高く森林は存在しませんが、山裾には300種を超える植物が自生しています。固有種のマウンテンバターカップやデイジー、移入種のルピナスなども見ることができます。鳥類では標高の高い森林地帯に生息する悪戯好きのオウム「ケア」や絶滅の危機にある「ニュージーランドファルコン」など約40種類が生息しています。

アオラキ/マウント・クック国立公園のみどころ

マウント・クックは標高3776 mある日本の富士山より少し低い山ですが、総面積の内40%は氷河と万年雪に覆われ、登山経験者でなければ登れない山でもあります。エベレスト登頂を初めて成し遂げたエドモンド・ヒラリーが練習場で使っていたほどの山で、世界中の多くの登山家たちの聖地となっています。

また、初心者が気楽に歩ける登山道も数多くあるので自分に合った楽しみ方を探してみてください。

ウォーキングトラック

散歩程度の遊歩道から半日がかりのハイキングコースまで整備された様々なウォーキングコースが設置されています。ニュージーランド一の景勝地といわれる山並みや氷河を眺めながら自分に合ったコース選びができます。

フッカー・バレー・トラック

国立公園で一番のウォーキングトラックといわれるコースで、マウンテン・クックの絶景を眺めながら水面の美しいフッカー湖までを歩く往復4時間のコース。フッカー川にかかる橋を3回渡り、高低差100mほどの道。コース沿いには山で遭難した方々の慰霊碑や高原に設置された木道、ミューラー氷河が見えるスリル満点の吊り橋などを歩き、万年雪、氷河、湖に川などマウント・クックの魅力を全て満喫できるコースです。

ケア・ポイント・トラック

ミューラー氷河とセフトン山、白く輝くマウント・クックを望みながら歩く往復約2時間のコース。ほぼ平坦で比較的気楽に歩けるコースとして人気で、最後にある急な坂を上ると展望デッキがあり山々の絶景を見ることができます。セフトン山の迫りくるような懸垂氷河や氷河によって運ばれたモーレンや湖の美しさを感じることができます。

レッド・ターン・トラック

ビレッジから向かう、往復約2時間コース。小さな橋の上を渡り、ジグザグの急な坂を上がると山上池へと繋がります。池には赤い水草が茂り、この景色によりレッド・ターンとの名前がつきました。

セアリー・ターンズ・トラック

ケア・ポイント・トラックから分岐したトラックから続く往復3~4時間のコース。小さな池の前のフッカー・バレーの氷河に近づき、氷河が崩落する轟音が鳴り響きます。名前通りの「雲を突き抜ける山」の勇姿を望むことができます。

タスマン・バレー・ウォーク(ブルー湖とタスマン氷河)

急な坂道を行く約40分のコース。ブルー湖の展望台からの眺めは言葉を失うほど壮観で、遠くにはタスマン氷河とグレーに染まるタスマン湖を望めます。大きな氷がいくつも浮き、右側には氷河が削った谷、眼前には山が聳え疲れが吹っ飛ぶほどの美しさです。ビレッジからスタート地点までは車で行きます。

サー・エドモンド・ヒラリー・アルパイン・センター

ザ・ハーミテージ内にある人気の施設。偉大な登山家のエドモンド・ヒラリー卿(1919~2008年)の名前を冠にした施設です。ギャラリーには彼が愛用した物や雪上車なども展示されています。また、3D映像でマウント・クックの歴史を紹介しプラネタリウムも上映されています。

星空ウォッチング

世界最大級の星空保護地区に指定される村レイク・テカポと同様の、ニュージーランドでも屈指の美しい星空が見られることで知られています。

南十字星やマゼラン雲などが夜空を埋め尽くし、その光景は宝石を散りばめたようです。暗闇に輝く星たちと山の稜線のシルエットのコラボは息を飲むほどです。

ザ・ハーミテージ主催のビッグ・スカイ星空観賞では、日本語ガイドの解説があり天体望遠鏡と双眼鏡で観測できおすすめです。

ヘリスキー

小型飛行機やヘリコプターで雄大なサザンアルプスを望みヘリスキーのメッカの地へと行くツアー。海外からの観光客もたくさん訪れる大人気のスポットです。

グレッシャー・エクスプローラー

photo credit: IMG_2170s via photopin (license)

photo credit: IMG_2170s via photopin (license)

国内最大の氷河、タスマン氷河の麓では解けたままかたまった氷河湖があり、ゴムボートで氷河の先端部に行くツアー。

300~600年もの年月を経て圧縮された神秘的な氷河ブルーと大自然が作り上げた造形美の神秘的な姿を体感することができます。実際に氷河に触ることができ、運が良ければ崩れ落ちる瞬間の氷河を見ることができます。

まとめ

他にも、経験豊富なガイドの案内を聞きながらタスマン氷河沿いを進む4WDツアーやスキープレーンやヘリコプターでの遊覧飛行、登山などニュージーランドを思いっきり楽しむ方法がたくさんあります。

他では見ることのできないアオラキ/マウント・クック国立公園の素晴らしい自然に触れてください。

「アオラキ/マウント・クック国立公園」のデータ

   
国名 ニュージーランド
世界遺産名テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド
名称 アオラキ/マウント・クック国立公園
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す