アルタミラ洞窟

アルタミラ洞窟はスペイン北部のカンタブリア州のサンティリャーナ・デル・マル近郊にあり、「アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術」の一部として世界遺産に登録されました。

アルタミラ洞窟とは

アルタミラ洞窟は、その内部に描かれた牛やイノシシ、馬、トナカイなどの動物の壁画で有名です。長さ18m、幅9mの岩肌に描かれています。

これらは旧石器時代に描かれており、約1万8500年前のものと約1万6500年~1万4000年前のものがあります。

約1万3000年前に、落石によって洞窟の入口が遮られたため、状態が良いまま保存されていました。

1879年にサワトゥオラ侯爵と娘マリアによって発見され、侯爵はこれを旧石器時代のものとして発表しましたが、その当時は認められませんでした。しかし1900年代に入り調査が進められると、これらが旧石器時代のものであると正式に判明したのです。

現在、壁画は外気に触れてしまったために劣化してしまい、非公開となっています。

 

本物を見ることはできませんが、近くのアルタミラ博物館やマドリードの国立考古学博物館でレプリカを見ることができます。合わせてチェックすることをおすすめします!

「アルタミラ洞窟」のデータ

   
国名 スペイン
世界遺産名アルタミラ洞窟とスペイン北部の旧石器洞窟美術
名称 アルタミラ洞窟
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す