photo credit: Richard Weil Ālī Qāpū palace Esfahan via photopin (license)

アリー・カプー宮殿

1979年にイランの世界遺産として登録された「エスファハーンのイマーム広場」の構成資産のひとつが、イマーム広場西側にあるアリー・カプー宮殿です。

アリー・カプー宮殿とは

photo credit: D-Stanley Ali Qapu Palace via photopin (license)

photo credit: D-Stanley Ali Qapu Palace via photopin (license)

アリー・カプー宮殿は、15世紀ティムール朝の時代に建てられた宮殿に、その後、アッバース1世が2層の建物を敷設したもので、イラン最古の高層建築です。

アリー・カプーとは、「アリーの扉」という意味で、シーア派が崇敬するアリー(ムハンマドのいとこで第4代カリフ)の遺物を納めた聖堂の扉を、アッバース1世が設けたことに由来しているといわれています。

アリー・カプー宮殿 内部

photo credit: Ai@ce 201312_iran_esfahan_39 via photopin (license)

photo credit: Ai@ce 201312_iran_esfahan_39 via photopin (license)

宮殿内は、歴代王の好みが繁栄されており、鳥や人物画の細密画で埋め尽くされています。アリー・カプー宮殿は、迎賓館の役割も担っており、最上階には、音楽ホールが設けられています。ホールの天井部分には装飾的な穴があり、これは演奏の際に、余分な音を吸収し、より美しい演奏を楽しむに設計されたものです。

宮殿には、バルコニーもあり、イマーム広場を一望することができます。歴代の王達は、眼下に見えるイマーム広場を見ながら、何を思い、感じたのでしょうか?

イランの世界遺産 エスファハーンのイマーム広場

この記事をシェアする

 

こちらもおすすめです!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す