photo credit: Aleppo citadel via photopin (license)

アレッポ城

シリアの世界遺産「古代都市アレッポ」の東側、周囲の土地より50mほど高い丘の上に、アレッポ城が建っています。この丘にはかつて神殿があり、街の聖域でした。そこに紀元12世紀、父親のサラディンにアレッポの統治を任されたマリク・アッザーヒルが、十字軍の侵攻に備える城を建設したのです。

周囲2.5kmのアレッポ城には、深さ20m、幅30mの濠がめぐらされ、丘の斜面には石が敷き詰められています。城門には、侵入者を防ぐ熱油落としなどが設けられました。

城内には、それ以前の時代から使用されていたとされる地下牢、アイユーブ朝の宮殿、二つのモスクなどが見られます。十字軍の攻撃に対しては難攻不落といわれたこの城も、13世紀のモンゴル軍やマムルーク朝の攻撃で、たびたび破壊さ れましたが、そのたびに再建され、現在も丘の高みから街を見守っています。

「アレッポ城」のデータ

   
国名 シリア
世界遺産名古代都市アレッポ
名称 アレッポ城
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す