コルドバのアルカサル(キリスト教徒の王たちのアルカサル)

スペインにあるコルドバの旧市街にあるアルカサルは、レコンキスタでコルドバを制したカスティーリャ王アルフォンソ11世の命により建設された王宮です。14世紀前半に建設された王宮は、イスラム教徒の職人たちがキリスト教の装飾法を取り入れ、開花させたムデハル様式で建てられています。

コルドバのアルカサルの歴史

アルカサルは、その後歴史の重要な舞台となりました。15世紀末には、イサベル1世とフェルナンド2世が、イスラム最後の砦グラナダを攻略する際の拠点としました。また、コロンブスが新大陸航海の資金援助を仰ぐため、カトリック両王に謁見したのも、このアルカサルです。

さらに、15世紀末から19世紀初頭までは、カトリック教義に反するものを罰するための異端審問所が置かれ、悲惨な歴史の舞台にもなってしまいました。

アルカサルの観光スポット

コルドバのアルカサル(キリスト教徒の王たちのアルカサル)|コルドバ旧市街 (3)現在、アルカサルには、ローマ時代のモザイク画や石棺、アラブ式庭園などを見ることができます。また敷地内の塔からは、メスキータやコルドバの街を一望することができます。

コロンブスがカトリック両王に謁見している像

コルドバのアルカサル(キリスト教徒の王たちのアルカサル)|コルドバ旧市街 (1)庭園には、コロンブスがカトリック両王に謁見している像が置かれており、歴史を肌で感じることができます。

「コルドバのアルカサル(キリスト教徒の王たちのアルカサル)」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 スペイン
世界遺産名コルドバ歴史地区
名称 コルドバのアルカサル(キリスト教徒の王たちのアルカサル)
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。