アル・フセイン・モスク

アル・フセイン・モスクは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」のイスラム地区にあります。

アル・フセイン・モスクとは

photo credit: Cairo Siesta via photopin (license)

photo credit: Cairo Siesta via photopin (license)

アル・フセイン・モスクは、ファーティマ朝政権時の1 2世紀に創建されました。モスクの名は、イスラム・シーア派の第3代イマーム・フセイン・イブン・アリーからきており、ファーティマ朝のカリフは、フセイン・イブン・アリーの末裔といわれています。

フセイン・イブン・アリーは、父がイスラム教・第4代正統カリフ・アリー・イブン・アビー・ターリブ、母が預言者ムハンマドの娘ファーティマです。フセインは、680年にカルバラーの戦いで戦死しましたが、その後、約500年後の1153年にフセインの頭蓋骨がカイロに持ち込まれます。このことがきっかけで、フセイン・イブン・アリーは創建されることとなりました。

アル・フセイン・モスクは、エジプト国内においても由緒あるモスクとして有名です。モスクの西側には、カイロでも有数の観光名所ハーン・ハリーリがあり、連日観光客だけでなく市民も集う場所となっています。

エジプトの世界遺産 カイロ歴史地区

この記事をシェアする

 

こちらもおすすめです!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す