旧海軍省

ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれている旧海軍省の建物には、かつて海軍本部委員会とロシア帝国海軍省が設置されていました。

サンクトペテルブルグの旧海軍省とは?

もとは造船所でしたが、19世紀になって、五つの要塞に囲まれ、堀によって守られたものに改修されました。現在の建物は、アンドレイ・ザハロフが設計して、1806年から1823年の間に建設されたものです。

旧海軍省の塔

旧海軍省|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

旧海軍省|サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群 (1)建物はネフスキー大通りの西の端に位置し、頂上の細い塔の上には、小さな軍艦帆船の中に金の風見鶏が乗っています。ネフスキー大通り、ゴロホヴァヤ通り、ヴォズネセンスキー通りという三つの通りが交わる地点にあるため、サンクトペテルブルクのランドマークになっています。

「旧海軍省」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 ロシア
世界遺産名サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群
名称 旧海軍省
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。