コモエ国立公園|コートジボワール 自然遺産|世界遺産オンラインガイド

コモエ国立公園

コモエ国立公園は、コートジボワールのブナ県、フェルケセドゥグ県にまたがり、コモエ川流域に広がっている西アフリカ最大の国立公園です。

コモエ国立公園

コモエ国立公園は川沿いに広がる湿地帯とサバンナに恵まれ、レイヨウ、イボイノシシ、スイギュウ、ゾウなどが生息しています。こうした動物相と植物相の多様性が評価され、1983年にユネスコの世界遺産に登録されました。

この地域は、ロビ人の居住地でもあります。もともと象牙を目的とするゾウの狩猟が行われてきた地域であり、世界遺産登録後も密猟が絶えません。
こうした密猟にくわえ、牛の過放牧、管理の欠如などを理由として、2003年に危機遺産に登録されましたが、2017年には危機遺産リストから外されました。

乾季になるとアンテロープ (レイヨウ) ,アフリカゾウ,サル,カバなど多種多様な動物が移動してきます。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。