コイバ国立公園とその海洋特別保護地域



コイバ国立公園とその海洋特別保護地域

コイバ島は中央アメリカ最大の島で、パナマのベラグアス県の太平洋岸沖合いにあります。周辺の豊かな海洋生態系に特色があり、国立公園になっていると同時に、コイバ国立公園とその海洋特別保護地域という名で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

世界遺産としては、コイバ島と38の小島、その周辺海域が対象となっています。世界遺産に登録された範囲は、陸地面積約550平方キロメートル,海域面積約4000平方キロメートルにもなります。

コイバ島がパナマ本土から切り離されたのは、海面が上昇した18000年前から12000年前頃のことでした。新しい島の動植物は、本土の集団から切り離されてしまい、外見的にも性質の面でも、本土の動植物とは分岐していきました。

その結果、コイバ島は、コイバホエザル コイバアカオカマドドリなど、固有の亜種の宝庫になっています。コイバ島ではアメリカ先住民のコイバ・カチーク人たちが1560年頃まで暮らしていたが、スペイン人たちに征服され、奴隷にされています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す