コロンビアのコーヒー産地の文化的景観



コロンビアのコーヒー産地の文化的景観は、コロンビア西部にあるアンデス山脈の西側と中央部の麓の7県にまたがる広大なエリア、コーヒ―の生産が100年以上続けられる土地として、2011年に世界文化遺産に登録されました。

この地方の農村の6つの景観が登録になっており、ここでは高地の森の狭小な土地でのコーヒー栽培や山の斜面でのコーヒー栽培など、厳しい環境に適応した農法が開発され、生産性・持続可能性・そして、景観の美しさを兼ね備えたコーヒー生産が行われています。

また、18の都市を含む立地からもスペインの影響を受けたアンティオキア植民地風の建築物も登録の対象になっています。代表的な産地の一つ「アルメニア」では、郊外には「国立コーヒー公園」があり、広い園内はリフトやロープウェイでの移動の他、遊歩道もあり散策が楽しめるようになっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す