世界遺産 ココ島国立公園

©AMERICAN EXPATRIATE COSTA RICA

ココ島国立公園



ココ島国立公園

ココ島国立公園はコスタリカの絶海の孤島ココ島と、その周辺海域からなる世界遺産です。かつては世界最大の無人島でしたが、現在は公園の管理人が常駐しています。ココ島は熱帯雨林に覆われた島で、年間7000mmもの雨が降ります。隔絶された環境で固有種を含む動植物が生息しています。
周辺海域には、北赤道海流が通っていて豊かな漁場を形成しています。そのため、ハンマーヘッド・シャークやネムリブカマグロやカンパチなどの群れが見られます。

ココ島国立公園はスティーブンソンの小説『宝島』の舞台として知られていて、実際に海賊たちが飲み水を求めて上陸したと言われています。
また『ジュラシック・パーク』シリーズに登場する島もココ島がモデルだと言われています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す