チャビン(考古遺跡)|ペルー 文化遺産|世界遺産オンラインガイド

チャビン(考古遺跡)

チャビン(考古遺跡)

チャビン・デ・ワンタルはペルー中部、リマから北に約250km、ブランカ山脈東麓のアンデス山中にあるワラス近郊にある遺跡です。標高は3200mほどで、インカ以前の紀元前1500年頃から200年頃にかけて栄えた、チャビン文化の代表的な遺跡となっています。

その昔、モンゴロイド(黄色人種)の祖先がベーリング海峡を渡り、中央アンデスの高地に築いたといわれるアンデス文明の起源の場所とも言われ、初期に造られた旧神殿と後期の神殿からなる石造の祭祀遺跡が見つかっています。

ジャガーを擬人化した主神体ランソンの石像や地下の回廊、獣形の精巧な彫刻など神殿内に点在する遺物も、とても興味深いものとなっています。1985年にチャビン(考古遺跡)という名称で世界遺産に登録されました。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。