シャルトル大聖堂



シャルトル大聖堂は、フランスのパリの南西80㎞にあるシャルトルにあります。フランスにおいて最も美しいゴシック建築といわれ、アミアン大聖堂ランス大聖堂に大きな影響を与えました。

シャルトル大聖堂の歴史

シャルトル大聖堂は、元々はロマネスク様式の大聖堂として造られていました。巡礼者が多く訪れていましたが、これは、聖遺物とされている聖母マリアの「サンクタ・カミシア(聖衣)」が所蔵されているためでもありました。

1040年の火事では、大聖堂の建物や財産の多くが失われてしまいましたが、奇跡的にこのサンクタ・カミシアは無事でした。その後、フュルベール司教とジョフロワ・ド・レーヴの指揮の元、地下聖堂とロマネスク様式のバシリカが建設されました。

ところが、またしても火災が相次ぎ、西側の塔と西正面のファサード以外が焼失してしまいます。そのため、1194年から再建工事がふたたび行われ、ゴシック様式で再建されたのです。

18世紀のフランス革命下では、幸運なことに略奪を免れています。

シャルトル大聖堂の構造

シャルトル大聖堂 (4)

シャルトル大聖堂は、上から見ると東西南北が正確な十字架形をしています。全長は130m、幅は南北32m、東西46mあります。

2つの尖塔がありますが、左右で建築様式が違います。右のものは1140年に建設され、105mの高さがあります。左の物は16世紀に建てられたもので、高さは113m、ゴシック・フランボワイアン様式です。

火事を逃れて残っている西正面の扉は「王の扉口」と呼ばれ、預言者や聖人、キリストの生涯の彫刻が並んでおり、ロマネスク彫刻の傑作といわれています。

ステンドグラス

シャルトル大聖堂

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

シャルトル大聖堂の内部は、173のステンドグラスで飾られています。この総面積は2000㎡にも及ぶそうです。フランス王家の紋章である黄色い百合の意匠や、「シャルトル・ブルー」と呼ばれる鮮やかな青が特徴です。

西側のステンドグラスは「最後の審判」を表しています。他にも、旧約聖書や新約聖書をモチーフにしたものなどがあり、文字を読むことができない人たちに聖書の世界観を伝えました。

やはりステンドグラスの美しさが際立ちますね。シャルトル・ブルーを堪能し、2つの尖塔の違いをぜひ見比べてみてください。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

 

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す