チャンパネール=パーヴァガドゥ遺跡公園



チャンパネール=パーヴァガドゥ遺跡公園

インド西部のチャンパネールは、4世紀頃からヒンドゥー教の王国として栄えた町です。近くのパーヴァガドゥの山には古い寺院があり、現在も聖地として多くの信者が訪れます。しかし、町中に残っている遺跡はイスラム教のモスクです。

15世紀末、イスラムの王国が緑と水が豊かなチャンパネールを攻め落とし首都とした背景があるためです。 遺跡公園の大部分は未発掘のままであるものの、そのポテンシャルは極めて大きいと言われています。

チャンパネール=パーヴァガドゥ遺跡公園は、主に二つのエリアに分けることができます。一つは城壁に囲まれたチャンパネール村のエリアで、もう一つはチャンパネール村より南西へ4kmの地点にある パーヴァガドゥ山のエリアです。

この公園は2004年に世界遺産に登録されました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す