photo credit: Champagne via photopin (license)

シャンパーニュの丘陵・家屋・地下貯蔵庫群



世界遺産 シャンパーニュの丘陵・家屋・地下貯蔵庫群

シャンパーニュの丘陵・家屋・地下貯蔵庫群は2015年ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会において新規登録が認められたフランスの世界文化遺産です。

シャンパーニュの丘陵・家屋・地下貯蔵庫群は、17世紀初頭から19世紀の工業化初期にかけて、スパークリングワインの生産方法(ボトルの中で二次発酵をさせる)が開発され発展した場所として知られています。

この世界遺産は3つの丘陵地で構成され、丘陵地でのブドウ生産から、地下にワインセラーをもつシャンパン製造所、販売・物流拠点(シャンパン・ハウス)など、シャンパン製造工程全体を表現するものが含まれています。

現在は産業として確立された、職人達の営みの歴史を伝える類まれな証拠として、さらには、音楽や美術にもたらした貢献も含めて評価されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す