チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群



チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群

チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群は、チェルヴェーテリ近郊のバンディタッチャ遺跡とタルクイーニア近郊のモンテロッツィ遺跡という、エトルリア人が残した2ヶ所のネクロポリスを対象としたイタリアの世界遺産です。

バンディタッチャ遺跡

バンディタッチャのネクロポリスは、総面積は400haで、1200もの墓があり、その多くが小丘を覆っています。この遺跡は地中海エリア最大のネクロポリスとなっており、墓の作成された年代は紀元前9世紀のヴィッラノヴァ文化期から、紀元前3世紀の後期エトルリア時代にわたっています。

モンテロッツィ遺跡

モンテロッツィのネクロポリスはタルクイーニア近郊にあり、6000以上の墓が発見されています。バンディタッチャ同様、フレスコ画の描かれた墓なども含まれています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す