中央アマゾン保全地域群



中央アマゾン保全地域群

中央アマゾン保全地域群は2000年に世界最大の熱帯雨林エリアとして、「地球の肺」と呼ばれる二酸化炭素の吸収量と酸素の 放出量が評価され世界遺産に登録されました。植物の多様性と独特の生態系、また絶滅危惧種が多数生息するといった土地柄も持っています。
2000年当初はジャウー国立公園が登録され、2003年にアミラウア保護区とアマナ保護区まで追加されましたが、これらのエリアはアマゾンの熱帯雨林の全体の1%にも及ばない面積となっています。保護地区へ立ち入る際には、ブラジル政府の許可が必要になっていますが、今もなお世界遺産指定外のエリアでは森林伐採や環境破壊が問題となっています。
当初登録されたジャウー国立公園はアマゾンの支流、「黒い川」という名のジャウー川が流れそこにはデンキウナギが生息し、ピラルク、アマゾンマナティー、カワイルカ、ジャガーなどその他約120種類の哺乳類が繁殖しています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す