ケープ植物区保護地域群



ケープ植物区保護地域群

南アフリカの世界遺産であるケープ植物区保護地域群は、西ケープ州に帯状に分布する自然の灌木植生地域で、地中海性気候の、冬に雨の多い海岸から山岳にかけての地域を含みます。

その中でもケープ西岸のクランウィリアムから南東岸のポート・エリザベスに伸びる100kmから200kmの幅で、沿岸部に帯状に伸びているエリアはフィンボスと呼ばれています。世界六大植物区の中では最小のエリアですが、面積あたりの豊かさという点では突出しています。

約5000種の固有種を含む8000種以上の植物からなるという点で、熱帯雨林の植物多様性を上回っています。植物の大半は硬い葉の常緑樹で、ケープタウンのテーブルマウンテンもこのエリアに含まれます。乾燥した夏期によく起こる火事は、多くのフィンボスの植物の生育にとっては必須の段階で、多くのタネは火事の猛火の後で芽を出すサイクルが息づいています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す