カマグエイ歴史地区



カマグエイ歴史地区

キューバの都市であるカマグエイは、16世紀にスペインによって建設が行われたと言われており、文化的・歴史的に非常に大きな意味を持つ場所であると考えられています。そのため、このカマグエイの街は、文化遺産としての価値を認められ、カマグエイ歴史地区という名称で、2008年に世界遺産に登録されました。

カマグエイは、街が完成した16世紀から19世紀に至るまで、スペインの植民地における主要な都市の一つとして、大きな役割を担ってきました。その頃に造られた聖堂や修道院、各種施設などの建物は、現在でも該当の区域内に残されており、当時の街並みを今に伝える大切な建造物となっています。
また、現在のカマグエイも、キューバにおける経済の主要都市の一つとして、大きな存在であり続けています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す