カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯雨林保護区



カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯雨林保護区

カラクムルは、メキシコ・カンペチェ州にある先古典期後期から古典期にかけて繁栄したマヤ中部地域の大都市です。1931年に発見され、その規模は30km²に及び、マヤ遺跡では最多の117基もの記念碑の他、祭壇やその他文字記録が刻まれた彫刻が確認されています。

ティカルと並ぶ古典期最大級の都市であり、その紋章は蛇の頭で表現され、その旧名は、オシュテトウンと呼ばれていたこと、他の遺跡の碑文でも「蛇」王朝という強大な国の首都として記述されていたことが最近になり判明しています。

5世紀の初め頃の日付けを示す石碑や彩色土器が見つかっていることからカラクムルの王朝が始まるのはこの時期と考えられていますが、一説によるとカーン王朝がカラクムルを首都としたのは6世紀に入ってからではないかと考えられています。

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯雨林保護区という名称で世界遺産に登録されています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す