ブウィンディ原生国立公園



ブウィンディ原生国立公園

ブウィンディ原生国立公園は、1991年にウガンダの国立公園に指定された、ブウィンディ原生林の一部です。コンゴ民主共和国との国境に接し、コンゴのヴィルンガ国立公園とも隣接しており、アフリカ大地溝帯の西リフトバレー沿いに位置します。

331km²の熱帯林を含み、平地、高地の森林環境を抱えており、それらには徒歩でのみ立ち入りが可能です。公園は、コロブス・モンキー、チンパンジーや多くの鳥類(サイチョウやエボシドリなど)の保護区となっています。

この公園のなかで有名なのは340頭ほどのブウィンディゴリラで、この頭数は絶滅が危惧されている世界のマウンテンゴリラの頭数の約半分にあたります。

1994年に世界遺産に登録されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す