ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅



ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅

ブコビナ・ダルマチア府主教の邸宅はウクライナのチェルニウツィーに残る建造物群で、ブコビナ(ウクライナとルーマニアの歴史的地名)がオーストリア帝国に属していた1864年から1882年にかけて、チェコ人の建築家ヨセフ・フラヴカの設計で建てられました。

建造物群はかつてのブコビナ府主教たちの住居や聖堂・修道院・庭園などからなり、現在はチェルニウツィー大学の校舎の一部として利用されています。

ハプスブルク君主国が宗教寛容政策を採っていた時期に栄えた東方正教会の影響力の大きさを伝えるとともに、様々な時代の建築様式が素晴らしい形で融合した歴史主義建築の傑作であることから、2011年にユネスコの世界遺産に登録されました。

第二次世界大戦中には建造物群が荒らされ、戦火によって著しい被害を受けたという歴史もあります。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す