ボルガルの歴史的考古学的遺産群



ボルガルの歴史的考古学的遺産群

ボルガルの歴史的考古学的遺産群は2014年に登録されたロシアの世界遺産です。7~15世紀にボルガ川とカーマ川の合流地点で繁栄し、東西貿易の要衝でもあった中世都市ボルガルは、数世紀にわたりユーラシアの歴史的・文化的交流が見られ、文明・習慣・文化などの形成に重要な役割を果たしました。

8~9世紀はカスピ海北部におけるイスラム教の中心地で、13世紀にモンゴル軍が猛威を振るったあと、15世紀にモスクワ大公国に併合されるとキリスト教が広がりました。ステップロードを通る東西貿易の要衝でもあり、モスクと教会が混在していたり、建築様式が融合していたりと、さまざまな文化交流が見られます。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す