ベート・シェアリムのネクロポリス – ユダヤ人の再興を示す中心地

ベート・シェアリムのネクロポリス – ユダヤ人の再興を示す中心地は2015年ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会において新規登録が認められたイスラエルの世界文化遺産です。

ベート・シェアリムのネクロポリス

ベート・シェアリムのネクロポリスは、紀元前2世紀以降に建設されたもので、複数のカタコンベで構成されています。これらはローマ帝国に対する第二次ユダヤ戦争のあと、エルサレムの外につくられた初期ユダヤ教の墓地です。このネクロポリスはベート・シュアリム国立公園内にあります。

ベート・シェアリムのカタコンベは、ハイファの南東に位置し、ギリシア語・アラム語・ヘブライ語で書かれた絵画や碑文が残っているとともに、初期ユダヤ教の中心地として類まれな証拠となるものです。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産