バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群



バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群

あのバミューダトライアングルを形成していることで有名な、バミューダ諸島。その諸島最大の島バミューダ島の古都セント・ジョージは、町全体が世界遺産に登録されています。魔の三角領域と世界遺産の組み合わせっておもしろいですね。諸島は大西洋のアメリカ側にあるイギリス領です。

1503年スペイン人ジョン・バミューダが発見しました。1609年にイギリスの移民船がバミューダ沖で難破します。後日その乗員たちが諸島へ入植したのがイギリスの植民地になったきっかけです。セント・ジョージはアメリカ最古のイギリス植民地にしてバミューダ島最古の町。

17世紀から18世紀にかけて、石灰岩で造られた白亜の壁を持つ家々の美しい町並みや要塞群が有名です。要塞群は17世紀から20世紀の、イギリス軍の軍事技術の進歩の過程がよくわかると評判です。町は現在でも数世紀の町並みを保つ努力を続けています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す