ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群

ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群はスイス南部のイタリア国境付近にあります。カステルグランデ、モンテベッロ城、サッソ・コルバロ城の3つの城は中世における軍事建築の重要な様式を示しています。

またその地理により目まぐるしく支配者が変わったこの町は、ヨーロッパの歴史都市の中でも、時代ごとの人々の要求を絶えず受け入れて発展してきたユニークな町づくりがみられる場所にもなってます。

カステルグランデは、ロンバルディア人たちによって築かれ、10世紀から11世紀にかけて、最初の強化が行われました。

モンテベッロ城は、13世紀に建設され、ひとつの塔と二つの中庭、そして住居群を含んで形成されています。

サッソ・コルバロ城は1479年に着工され別名ウンターヴァルト城とも呼ばれています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産