世界遺産 ベリーズ珊瑚礁保護区

©Tourism on the edge

ベリーズ珊瑚礁保護区

ベリーズ珊瑚礁保護区

ベリーズ珊瑚礁保護区はユカタン半島南部にあるベリーズの海岸から沖合20kmに広がる世界遺産で、オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぎ世界第2位の広さの珊瑚礁です。ここには珊瑚礁でできた小島が、150以上あり、その中のライトハウス・リーフは、直径313mある大きな穴ブルーホールが特に有名です。

ベリーズ珊瑚礁保護区は非常に透明度が高く、海水温度は平均20度以上です。サンゴのための栄養と酸素が十分に供給されていて、65種ものサンゴが見られます。周辺にはイルカが住みついていて、初心者でもスノーケリングで一緒に泳ぐことができます。また、ライトハウス・リーフはウミガメが産卵しにやってくることでも知られています。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産