ベームスター干拓地



ベームスター干拓地

ベームスター干拓地はオランダ北西部北ホラント州の都市ベームスターにある、1612 年から1617年に工事が行われた干拓地です。干拓地が国土の大部分にわたるオランダにおいて、オランダ初の干拓地であり、その後の発展の基礎となりました。

元々は、オランダ東インド会社の海外派遣の食糧確保を目的として、農地の創出を企図したものであり、風車を利用して水を排出しました。ですが、実際には排水が不十分なこともあり、、現在では温室を使った園芸農業などに土地利用されています。

ベームスターの町は、中心地、北西に耕作地、南東に園芸農業と計画的に町がつくられたことにより、整然とした文化的景観を作り出しており、17世紀以降の景観を今もなお保つ土地となっています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す