フィリピンのバロック様式教会群



フィリピンのバロック様式教会群

フィリピンのバロック様式教会群はフィリピンにある世界遺産で、ルソン島のマニラ、パオアイ、サンタ・マリアと、パナイ島のミアガオにある教会群です。これ4つの教会は、スペイン統治下にあった16世紀に建てられたもので、バロック様式で作られたものです。4つの教会とは、

  • マニラのサン・アグスティン教会(写真)
  • パオアイのサン・アグスティン教会
  • サンタ・マリアのヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会
  • ミアガオのサント・トマス・デ・ビリャヌエバ教会

そ指します。マニラのサン・アグスティン教会が最古の教会です。これらの教会は、第二次世界大戦の戦火を耐え抜えぬき、『地震のバロック』とも呼ばれるほど強固です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す