バーバートン・マコンジュワ山脈

2018年バーレーンの首都マナーマで開催された第42回世界遺産委員会において、南アフリカの「バーバートン・マコンジュワ山脈」が世界自然遺産として登録されました。

南アフリカにとって10件目の世界遺産になります。

バーバートン・マコンジュワ山脈

「バーバートン・マコンジュワ山脈」は、南アフリカとスワジランドに接する国境部の山脈。

この辺りにある地層は、地表に露出したものとしては世界最古級のもので、約36億年くらい前に形成された古代地殻「バーバートン・グリーンストーン・ベルト」で構成されています。

関連ツイート

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産