バムとその文化的景観

バムとその文化的景観

バムはイランの南東部ケルマーン州に位置する都市で、バムとその文化的景観は2003年に発生したM6.5の地震によって甚大な被害を受け、2004年に世界遺産登録されると同時に、危機遺産に登録されました。近代都市バムはその地震により全体の70%が破壊されてしまいました。その後懸命に遺跡の修復作業が行われ2013年、その保全活動が評価され危機遺産リストから除外されました。
北東近郊に古代の要塞都市アルゲ・バムがありますが、バムはアルゲ・バムよりも後に構築されたと見られています。その近代都市の歴史は過去に2度、アフガニスタンとシーラーズの攻撃を受けて町の放棄を余儀なくされています。地震前は農業や工業の中心地としての顔を見せたが、世界遺産の登録に伴い観光業も栄え始めています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産