バーレーン要塞 – ディルムンの古代の港と首都



バーレーン要塞

バーレーン要塞 – ディルムンの古代の港と首都はバーレーンにある世界遺産で、首都マナーマの西約5キロメートル、バーレーン島北部に位置し、ペルシア湾に面する遺跡です。ここはバーレーンで初めて世界遺産に登録されました。14世紀にアラブ人が築いた砦の跡に、16世紀にポルトガル人が現在の要塞を建造しました。

メソポタミア文明とインダス文明を結ぶ交易の要衝として、少なくとも紀元前2300年頃には栄えていたと見られ、古代都市ディルムンがあった場所と考えられています。ディルムンとは、メソポタミア文明において交易相手、原料の産地、メソポタミア文明とインダス文明の物資の集散地などとして記録されている土地の名前です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す