ゲラティ修道院

ジョージアの世界遺産である「ゲラティ修道院」は、イメレティ地方の古都クタイシにある郊外にある修道院です。1994年に「バグラティ大聖堂とゲラティ修道院」として世界遺産に登録されました。2010年、バグラティ大聖堂の再建計画を理由として危機遺産リストに追加されましたが、2017年、ゲラティ修道院の単独登録へと範囲が縮減されので危機遺産リストからは外される運びとなりました。

ゲラティ修道院

中世ジョージアを代表する建造物の一つであるゲラティ修道院は、1106年にグルジア王ダヴィド4世によって創設されました。

ゲラティ修道院は長い間グルジアにおける知的・文化的な中心地の一つとして機能していました。
この修道院には付属王立学校がつくられ、聖母マリア聖堂には、天井のモザイク画やフレスコの技法による壁画が残されており、その文化的な価値が高く評価されています。

バグラティ大聖堂(参考)

photo credit: Arian Zwegers Kutaisi, Bagrati Cathedral via photopin (license)

バグラティ大聖堂は、11世紀に建造されたジョージアの大聖堂で、生神女就寝祭を記憶しています。

クタイシ中心部の分かりやすいランドマークである大聖堂は、ウキメリオニの丘の頂上に残っています。建造されたのは11世紀初頭のジョージア王バグラト3世の治世下のことで、バグラティ大聖堂の名はそこに由来します。

バグラティ大聖堂は1691年に、この地に侵入したオスマン帝国の軍勢の砲撃で、外壁を残し崩壊する被害を受け、放棄されることになります。

その再建と保存は1952年に始まり、その努力が世界遺産の認定につながりました。2001年にはグルジア正教会の聖堂に復帰し、クタイシ市のシンボルになりました。2017年、ゲラティ修道院の単独登録へと範囲が縮減され世界遺産ではなくなりました。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産