古都アユタヤ



古都アユタヤ

タイの世界遺産「古都アユタヤ」は首都バンコクの北約70kmにあるアユタヤ県にある遺跡群を指します。これらの遺跡群は、チャオプラヤー川とその支流であるパーサック川、ロッブリー川に囲まれた地域に集中し、ワット・プラ・シー・サンペット、ワット・ロカヤ・スタなどの上座部仏教(小乗仏教)の寺院跡や、かつてのアユタヤ朝のバン・パイン宮殿(離宮)跡などが残っています。

アユタヤとは1351~1767年に栄えたタイ族の王朝で、中国、日本、琉球などの東アジア国家、東南アジアの諸島、アラブ・ペルシアなどとの交易で栄えた王朝です。アユタヤ王朝は1767年にビルマ(現・ミャンマー)の攻撃を受けて滅亡し、その際、建造物や仏像は徹底的に破壊され、ほとんどの寺院は廃墟となりましたが、ワット・プー・カオ・トンなどは残されています。

チャオプラヤー川のほとりに広がる古都の遺跡群には、417年間に渡りアユタヤ王国が築いた歴史が眠っているのです。

アユタヤ歴史公園(古都アユタヤ)

古都アユタヤとはアユタヤ王朝の遺跡群があるアユタヤ歴史公園のことです。主な遺跡をご紹介します。

 ワット・マハータート

ワット・マハータートの建設当時は、境内に高さ50mで上部が黄金の仏塔があり、礼拝堂や仏堂があったそうです。しかし1767年のビルマ軍の侵攻により、壊滅的なダメージを受けてしまいました。ここでは菩提樹の根に取り込まれてしまった石仏の頭が有名です。

▲目次に戻る

 ワット・ロカヤスタ

photo credit: PICT1320 via photopin (license)

photo credit: PICT1320 via photopin (license)

ワット・ロカヤスタは広大な草原の中にある仏教寺院の廃墟で、後期アユタヤ王朝の中期には建設されていたといわれています。現在残っているのは、涅槃仏の像のみ。この涅槃仏は、北方を向いて寝るような姿をしており、全長は57.7m、高さは8mもある巨大なものです。

▲目次に戻る

 ワット・プラシーサンペット

ワット・プラシーサンペットは、アユタヤ王朝の内の3人の王の遺骨が納められている仏教施設です。ビルマ軍の第2次アユタヤ侵攻によって、建築や仏像が破壊されてしまいます。現在は修復されたものもあり、破壊をまぬがれたものと合わせて、当時のアユタヤ建築を偲ばせる貴重な遺跡となっています。

▲目次に戻る

 ワット・プー・カオ・トン

photo credit: IMG_2503 via photopin (license)

photo credit: IMG_2503 via photopin (license)

ワット・プー・カオ・トンは仏教寺院で、高さ80mもある仏塔が建てられています。1754年には現在の塔が造られ、1956年には仏歴25世紀を祝し頂上に2.5㎏の黄金の珠を設置しました。このために「黄金の仏塔寺院」と呼ばれ、バンコクにあるワット・サケーットのモデルにもなりました。

▲目次に戻る

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す