アレキパ市の歴史地区



アレキパ市の歴史地区

リマから1030km、標高約2300mのアレキパは、人口90万人を擁するリマに次ぐペルー第2の都市です。アレキパ市の歴史地区という名称で世界遺産に登録されています。鉱物、セメント、ビール、製糸などの産業に加えて豊富なフルーツも産出する豊かな土地で、別名『白い町』と呼ばれ、町の中心には白い火山で造られた美しい建物が並びます。

アレキパという名前は、この町を建設したインカの第4代皇帝マイタ・カパックが言った「アリ・ケパイ=ここに住みなさい」という言葉が起源となっています。

内陸部にあり、山のふもとに位置するため、空気が澄んだ冬には雪帽子をかぶったミスティ山やチャチャニ山といった6000m級の山々がはっきりと望め、町の中心となるアルマス広場は、コロニアルなアーチに囲まれ、北側には白い巨大なカテドラルが立ちはだかります。

市内最大のみどころは1579年に建てられたサンタ・カタリナ修道院です。1970年まで外界との接触を断った修道生活が営まれていたこの建物は、ひんやりとした内部は迷路のように回廊が巡らされ、当時の家具や幾世紀もわたって収集された美術品が展示されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す