photo credit: Ani 8 via photopin (license)

アニの考古遺跡



2016年トルコイスタンブルで開催された第40回世界遺産委員会において、トルコが推薦していた「アニの考古遺跡」が世界文化遺産として新規登録されました。

アニの考古遺跡

photo credit: DSC_1321-4 via photopin (license)

photo credit: DSC_1321-4 via photopin (license)

アニの考古遺跡は、トルコ北東部、アルメニアとの国境近くにあります。アニは、古代よりシルクロードの要塞として、また10世紀頃にはアルメニア王国バグラト朝の首都として繁栄しました。

アルメニア王国は、世界で初めてキリスト教徒を国教化した国で、アニは、アルメニア教会の中心地として、1000以上もの教会があったといわれています。

場所柄キリスト教の大国ビザンツ帝国やイスラム教のアッパース朝やセルジューク朝などの侵略をうけたため、アニではキリスト教、イスラム教両宗教の影響を受けた文化や歴代の支配者たちが好んだ建築物や芸術などの痕跡が多く残っています。

アニは、10世紀頃最盛期を迎えますが、その後地震やモンゴルの侵略を受けて衰退します。

現在アニは、キリスト教とイスラム教の文化が融合する場所であり、文化の多様化を象徴する場所として高い評価を得ています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す