アンジャル



アンジャル

アンジャルは、レバノンの東部、ベカー高原にあるレバノン唯一の城塞都市遺跡です。アンジャルは、ベイルートの東、約50km、レバノン山脈の麓にあります。1984年に世界遺産に登録されました。

ウマイヤ朝のワリード1世の命により、8世紀に建設されたと言われています。ダマスカスとベイルートの中継地点に位置して古くから繁栄し、イスラムの権力者達の保養用の宮殿、モスク、公共浴場などの跡が残る遺跡となっています。

ワリードは長方形の敷地を城壁で囲み、東西南北を貫く十字の大通りを築き、城壁の東西南北に門を置きました。十字の道によって、街は4区画に分けられ、南東区画は宮殿とモスク、南西区画は居住区、北東には第宮殿、北西には公衆浴場といった形で街が築かれました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す