アンデスの道路網カパック・ニャン|南米 文化遺産|世界遺産オンラインガイド

アンデスの道路網カパック・ニャン

アンデスの道路網カパック・ニャン

アンデスの道路網カパック・ニャンは、2014年に登録された世界遺産です。この世界遺産特記のすべき点は、南米大陸に属する6カ国(具体的には、「ペルー」、「エクアドル」、「コロンビア」、「ボリビア」、「チリ」、「アルゼンチン」)によって共同で申請が行われました。これは世界遺産認定40年間の歴史の中でも初めてのことでした。

このカパック・ニャンと呼ばれる道路網は、6カ国という多くの国によって共同申請がなされたことからもわかる通り、「アンデス」を含む、南米大陸の広範囲にまで至っています。

カパック・ニャンは、インカ帝国が支配した海岸砂漠地帯とアンデス高山地帯を東西南北につなぐ道路網でその距離は一説では6万キロにも達するといいます。インカ・トレイルという名がついていますが、インカ帝国が存在するよりも前から既にあり、大きく広げたのがインカだったという説が有力です。
インカの王が移動する際に使ったり、チャスキと呼ばれる飛脚のような人物がこの道を走り抜けることで情報の伝達にも利用されていました。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産