ウアダン、シンゲッティ、ティシット、ウアラタの古いクスール|モーリタニア 文化遺産|世界遺産オンラインガイド

ウアダン、シンゲッティ、ティシット、ウアラタの古いクスール

「ウアダン、シンゲッティ、ティシット、ウアラタの古いクスール」はアフリカのモーリタニアにある世界遺産です。

ウアダン、シンゲッティ、ティシット、ウアラタはそれぞれ町の名前で、『クスール』とは中世にキャラバンが立ち寄った交易地に形成された独特の集落です。

その古い街並みがよく保存されていることで評価されているこれら4つの町はサハラ交易の拠点として栄えた歴史を持ち、またシンゲッティはモーリタニアをはじめとする西アフリカのイスラーム文化の中心地としても栄えました。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産