アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域

アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域は、オランダの首都でもあり「北のヴェネツィア」とも呼ばれるアムステルダムにある世界遺産です。シンゲル運河はヘーレン運河、ケイザー運河、プリンセン運河の3つの運河を主とするその集合体です。アムステルダムの町には100km以上に渡る運河と、約90の島々、そして1500もの橋があります。

これらの3つの運河はオランダの黄金時代である17世紀に建設されました。都市の周りを同心円状にめぐるその形状から「運河のガードル」と呼ばれています。また、主要な運河沿いには1550もの記念建造物群が存在しています。周辺のヨルダーン地区ではビールなどの物資の運送にも使われる運河でした。主となるシンゲル運河は中世のアムステルダム旧市街を取り囲んでおり、1480年から1585年にはアムステルダムの外堀にあたっていたもので、度重なる町の成長がその土地からは伺えるようになっています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産