アンブヒマンガの丘の王領地



アンブヒマンガの丘の王領地

アンブヒマンガの丘の王領地はアフリカのマダカスカルにある世界遺産で、首都のアンタナナリボの北東に位置するメリナ王国が最初にマダガスカルを統一した場所です。現在は歴史博物館として公開されています。

ここの名前は『青く美しい丘』を意味していて、王族発祥の地であるとともに信仰の場所でもありました。15世紀以降、ヨーロッパの国々がマダガスカル支配を試み、キリスト教を布教しましが、この丘は伝統宗教の聖地として維持されました。王領地は2.5kmにおよぶ二重の城壁と外堀に囲まれ、重い扉をもつ14の門で閉ざされています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す