アルダブラ環礁



アルダブラ環礁

アルダブラ環礁はアフリカのセーシェルにある世界遺産で、サンゴ礁が隆起して出来たインド洋に浮かぶ環礁です。

セーシェルはアフリカ大陸から1300kmほど離れたインド洋に浮かぶ、115の島々からなる国です。アルダブラ環礁はキリバス共和国のクリスマス島に次いで世界第2位の面積を有する、長さ34km、幅14.5kmの環礁。4つの珊瑚島から構成されていて、アルダブラゾウガメの生息地(15万頭)としても知られています。

アルダブラには1511年にポルトガルの船乗りがヨーロッパ人としての上陸を果たしましたが、すでにアラブ人たちには知られており、『アルダブラ』の名も彼らが付けたものです。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す