アル・アインの遺跡群

アル・アインの遺跡群はアラブ首長国連邦にある世界遺産で、オマーンとの国境に近く、アラビア語で「泉」を意味するアル・アインは、砂漠を行き交う商人たちの中継地として古くから栄えたオアシス都市です。アル・アインの遺跡群は、アル-アインとハフィート、ヒーリー、ビダー-ビント-サウド、オアシス地域といったアル-アインの近接地域の遺跡群で構成されています。

最古の灌漑システム、アル・アイン・オアシス

町の中心にある『アル・アイン・オアシス』には、3000年前の灌漑システム跡が残っています。
ファラジと呼ばれる地下水を利用した灌漑システムでは最古のものといわれています。

キーワード

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産