アイル・テネレ自然保護区



アイル・テネレ自然保護区

アイル・テネレ自然保護区は、アフリカ・ニジェールにあるアイル山地とテネレ(サハラ砂漠中南部の一帯を指す呼称)
を対象とした自然保護区で、約13000km2の厳正自然保護区を含む総面積77000km2で、アフリカの数ある自然保護区の中でも最大です。

降水量の少ないこの一帯ですが、砂漠の中心にそびえるアイル山には乾季でも絶えない水源があり、現在少なくとも350種の植物、40種の哺乳類、160種の鳥類、18種の爬虫類が確認されています。その中には、この地域の固有種や絶滅危惧種のムフロン、パタスモンキー、ダマガゼルなども含まれています。

アイル・テネレ自然保護区は、1991年にユネスコ世界遺産自然遺産に登録されましたが、保護区内に暮らす遊牧民の独立運動による内戦が激化し、翌年の1992年には危機遺産にも登録されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す