アブ・メナ



アブ・メナ

都市遺跡であるアブ・メナは、エジプトのアレクサンドリア近郊に位置しており、世界遺産にも認定されています。アブ・メナが文化遺産としての価値を認められて、世界遺産に登録されたのは、1979年のことです。
しかし、地盤の脆弱性によって、存続の危機に瀕していると言われています。そのため、同世界遺産は、2001年に危機遺産リストにも認定されました。

この地は、4世紀頃に殉教したと言われている、ローマ帝国の兵士であった「メナス」が埋葬されている墓を中心にして拡がっていた都市でした。そのため、この地は、キリスト教の一派「コプト教」の聖地として栄えたと言われています。

アブ・メナでは、同地が栄えた時代に、宗教的に大きな意味を持っていた建造物も発掘されており、当時の発展を現在にまで伝えている貴重な遺跡となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す